とーちゃん所感

日々の何気ないことを書く、てーげーなブログ

【サニー】アンガスビーフをステーキで食らう。

いきなり再開します。
 
年明けからはまっているのが、サニーさんで販売されているアンガスビーフ!!
結構、赤肉が多く、おいしくいただけます。
何よりもお値段が良心的なのと肉のボリューム感にあります。
 
サニーさんのホームページによると
「アンガスビーフ」は、スコットランド東部のアンガス州が原産地の黒毛牛のお肉のこと。肉質がとても優れていて、赤身と脂身のバランスがよく、日本人好みのお肉と言われています。
なるへそ。
やはり、とーちゃん好みの肉ですな。
 
さて、嫁さんの誕生日ということもあり、さっそく焼いていきます。
今回は、グラム187円で、約400gの肉塊のご購入となります。
 

f:id:queen-of-borg0816:20170301151306j:plain

 
肉を焼くときは常温に戻し、しっかりと塩コショウをします。
その後、無料でもらえる和牛脂をフライパンにひいて、強火でしっかりと焼き目をつけていきます。
あ~、肉の焼けるいい匂いがするで~。
 

f:id:queen-of-borg0816:20170301151327j:plain

 
まだ、外側しか火が通っていないので、その後オーブンへGO。
あまり、レアが得意ではないので、200℃で10分ぐらい焼いていきます。
(ちなみにとーちゃんの家には電子レンジがありません。結構、なくても生活できます。)
 

f:id:queen-of-borg0816:20170301151352j:plain

 
中がうっすらピンクになれば出来上がり。
ミディアムに近い状態です。
 

f:id:queen-of-borg0816:20170301151407j:plain

 
付け合わせは、春菊のサラダと白菜とジャガイモのポタージュでいただきます。
肉のソースは、いきなりステーキさんの甘辛いソースとおろしポン酢で。

f:id:queen-of-borg0816:20170301151251j:plain

ステーキソースは、肉を焼いた後の牛脂のうまみが残るフライパンで、さっと温めるとうまさ倍増!!
体に悪いこと間違いなし!!
 
肝心の肉は、しっかり焼いているため、肉汁がドバーはありませんが、しっかりと肉の味を楽しめます。
脂身も甘く、「ウオー肉じゃー」と叫ぶこともできます。
ソースとの相性も抜群です。
 

f:id:queen-of-borg0816:20170301151433j:plain

 
肉→米→サラダ→ポタージュ→繰り返し。
肉のPDCAサイクルを描いていきます。
すいません、適当に言いました。
 
魚も大好きなとーちゃんですが、たまにはがっつり肉を食べたくなります。
たまには家でがっつり肉もいいもんですね!!
 
BY とーちゃん